男性求人

男性求人は女性が多い職場にも増加

女性が多い職場であっても、男性求人が積極的に行われるようになりました。求人広告では、男女雇用機会均等法が施行されて以降、性別を限定した求人は例外規定を除いて原則禁止されることになったことで、男性求人が多かった職場に女性が入ってくるだけでなく、女性しかいない職場に対しても男性が採用される事例が増えています。
男性求人が特に増えた職場として、看護師があります。従来の男性看護師は、心療内科病棟が中心となっていたために大病院で専門の病棟を持っている所に限定されていました。しかし、看護師の仕事には力があった方が有利な業務内容が多く存在するので、男性看護師が活躍する機会が多くあります。看護師学校の段階から積極的に男性の入学希望者を募っていることも男性求人が看護師の世界で積極的に行われる契機になっています。
事務員の仕事は、女性が多い職場として知られていますが、総務の仕事と事務を兼任する中小企業の職場では、求人広告に男性求人が紛れていることが少なくありません。具体的には、事務員(男女)といったわざわざ男女両方の性別を併記した求人がされている場合には、男性求人が行われていると考えて良いでしょう。法律上の制限により、性別を限定して募集出来ないことを逆手に取った求人方法と言えます。